お弁当箱の容量の目安!幼稚園児や小学生のおすすめサイズは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
お弁当箱の容量の目安

もうすぐ今学年が終了し、また4月から新たな学年が始まりますね。

うちも長男が年長クラスに進級します。

そこで気になったのが毎日持っていくお弁当のサイズについてです。

年少クラスに用意したサイズのままでいいの??と疑問に思ったので、買い替えも検討に入れ幼稚園児から小学生のお弁当箱の容量についても調べてみました。

スポンサーリンク

お弁当に入れる必要なカロリーはどうやって計算する?

よく食べる子、あんまり食べない子、様々かと思いますが、まずは平均が分からないと比べられないので、あくまで平均のカロリー摂取量から確認してみます。

1日の平均必要摂取カロリー

年齢(基準体重)
1~2歳
(11.0~11.7kg)
1,000kcal900kcal
3~5歳
(16.2kg)
1,350kcal1,250kcal
6~7歳
(22.0kg)
1,550kcal1,450kcal
8~9歳
(27.2~27.5kg)
1,800kcal1,700kcal
10~11歳
(34.5kg~35.5kg)
2,250kcal2,000kcal

出典:厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2010年版)

幼稚園児でしたら「3~5歳」の1,250~1,350kcalということになりますね。

これは一日分の食事摂取基準なので、三食に分けると416~450kcalになります。

カロリーからお弁当の容量をどうやって測ればいいの?!と思ったら、なんと

カロリー = お弁当箱の容量 なのだそうです!

もちろん中に入れる食材でカロリーは大きく変わってきますが、主食のご飯をお弁当箱の半分くらい、残りのスペースの1/3に肉や魚、2/3に野菜などの副菜を入れるとだいたい容量の数字がカロリーと同じくらいになるのだとか。

これを知っておけばカロリー計算がとっても簡単ですね。

子供だけでなく、大人のお弁当を作る時も目安にできると思います。

スポンサーリンク

 

幼稚園児や小学生のお弁当箱の容量は?

必要カロリーからお弁当箱のサイズが分かってきましたが、3歳~5歳とひとくくりにされていても実際には3歳と5歳は体の大きさも違いますし、幼稚園への慣れや環境によって食べる量も大きく違います。

ですので3歳児に1食分450kcal、450mlのサイズのお弁当箱では少し大きめですね。

お弁当箱の容量の目安

うちの場合、長男が3歳の年少クラスに入った際には360mlのサイズにしました。

よく食べる子なので少ないかなとも思いましたが、幼稚園では少し足りないくらいの方が残さず食べてくれるし良い、ということだったので選びました。

中に仕切りができる中子も付いていました。しかし水分の多いものはあまり入れないですし、入れられる容量が減ってしまうので最初から中子は使いませんでした。

逆にあまり食べない子だったら中子を使って食材の量を調節しても良いですね。

定型外郵便単品発送で送料250円 Disney ディズニー マーベル 子供用 小判型 ランチボックス お弁当箱 360ml 弁当箱 幼稚園 入園 入学 遠足 行楽

 

しかし、やはりうちでは360mlのお弁当箱で年長まで使うには小さいようです。

(うちの長男は4歳にして身長が120cm近いという、そもそも体が規格外サイズなので参考にならないかもしれません・・・)

先ほどの1日の摂取カロリーと、うちで実際に使用してきたことから年齢別にお弁当箱の大きさを見てみますと、

●年少、年中・・・280ml~360ml

●年長~小学2年・・・450ml~500ml

●小学3~6年・・・500ml~600ml

これくらいが平均になってくると思います。

毎年50ml~100mlずつ大きめのお弁当箱を用意できれば良いですが、できれば一度買ったら壊れない限りは長く使っていきたいですね。

ですので今までのお弁当箱より大きい物を使う場合は、付属の中子を利用するとか、おにぎりにしてちょっとすき間を作るなどして量を調節して完食してもらいましょう。

500mlサイズのお弁当箱一覧【楽天】

お弁当箱の容量の目安

お弁当箱の容量の目安のまとめ

迷ったら1サイズ小さい物を選んだほうが残さず食べてくれるので良いかもしれません。

少なかったとしても、家に帰ってきてからおやつ時間に小さめのおにぎりやウインナーなどを食べさせられますから、「お弁当が足りなかったらどうしよう」という心配は無用です。

頻繁にお弁当箱を買い替えなくても、小さいタッパを追加したり、おにぎりをお弁当箱と別にするという方法でも量を増やせますね。

 

今回は、あくまでも平均的なカロリー摂取量からの計算なので、一番良いのは本人がいつも食べている量からサイズを決めることです!

それから、初めてのお弁当箱を使う時は、幼稚園に持って行く前にしばらく家での食事をお弁当箱に詰めて練習しておきましょう。

パッキンなどがついていると子供は苦戦して中身をこぼしてしまったり(温かい具材を入れてフタをすると時間が経ってピッタリくっついていたり)、最初のうちは巾着型のお弁当袋から出すことも上手にできないので、慣らしておくことは重要です。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る