年末年始

生活に役立つ情報

松の内の期間はいつまで?正月飾りをしまう日や法事は明けてから?

寒中見舞いを送るタイミングや、正月飾りをしまう日として目安になるのは「松の内」が終わってからと言います。「松が明けてから」とも言われますが、実際の期間は一体いつまでなのでしょうか。法事を松の内に行うのは良いのか悪いのか、関東や関西で違うのは徳川家の力だという説や、北海道や九州ではいつまでなのかも調べてみました。
生活に役立つ情報

喪中で年賀状が届いたら寒中見舞いで返信は必要?文例やマナーを紹介

喪中にも関わらず、例年通りに年賀状が届いてしまうことってありますよね。相手に喪中であることを伝えていなかったり、喪中はがきやメールで伝えたとしても時期が遅いと先方が早めに投函していると行き違いになることもあります。そんな時には返事をする必要があるのか、返事をするなら失礼にならないマナーや文例があるか調べてみました!
生活に役立つ情報

年賀状の書き損じは交換できる!手数料や期限は?換金もできるの?

年賀状の準備をすると、毎年何枚か出てしまう予備のまま使われなかったはがきやプリンターの印字ミスによる書き損じ。コンビニでは交換できないので郵便局に持っていきました!種類の違う年賀状や、まさかの50円時代の使っていない年賀状まで出てきたのですが、職員さんに快く対応して頂きました。交換手数料が無料になる場合もあります!
生活に役立つ情報

喪中の範囲や期間はどのくらい?祖父母やおじの場合は年賀状出す?

一般的に喪中と言っても、一体どこまでが親族の範囲に入るのか。叔母さんの旦那さんなど直接血のつながりのない人でも喪に服すべきなのか調べてみました。多くは二親等までとしている家庭が多いようですが、喪に服す期間も1年間ではなく短くしてよい場合があるようです。知っておいた上で故人との関わりによって範囲や期間を決めましょう。
生活に役立つ情報

喪中メールが友人や親せきから届いたら返信は必要?例文も紹介!

喪中のメールが友達や知り合い、親戚から届いた時に返事をした方が良いのか、どのような返事をすれば良いのか、というところを例文なども一緒にご紹介していきたいと思います。年賀状を書かなくなっている人も増えている中、突然喪中のお知らせがハガキではなくメールで届いたりすると、どのように対応すれば失礼にならないのか気になります。
スポンサーリンク