自閉症・発達障害

自閉症・発達障害

自閉症児の乳歯がグラグラしてきた!抜ける前に準備しておきたいこと

自閉症スペクトラムの5歳の長男の歯が、ついに抜けました!何か物が壊れたり破れたりすると軽くパニックになって大泣きして無理やり元に戻そうとくっつけてみたりすることがあるので、歯が抜けてしまったらどうなるのだろう…と不安でした。実際に長男の歯が抜けたときの状況と、抜ける前にしてきたことをまとめておきます。
自閉症・発達障害

エプソムソルトは自閉症にも効果がある?発達障害とデトックスの関係

エプソムソルトは経皮から体内に入ることで自閉症の改善にも効果を出すことが海外では知られています。自閉症スペクトラムや発達障害の子には体に自然と溜まってしまった毒素を排出する機能が定型発達の子よりも衰えているので、血中マグネシウム濃度を上げるエプソムソルトのデトックス効果が良いと言われているのです。
自閉症・発達障害

自閉症の改善策はCFGF(小麦と乳製品除去)の食事(栄養)療法が良い?

パンケーキにアイスクリーム、生クリーム・・・とっても美味しそうですが、うちでは食べられません(涙) うちの4歳の長男は、自閉症スペクトラムと診断されています。 自閉症児には小麦と乳製品を摂取しないようにすると症状が良くなる場合があるということで、対応している病院で検査や医師の指導のもと、食事療法を行っています。
自閉症・発達障害

逆手バイバイやクレーン現象をするのは発達障害や自閉症?

逆手バイバイやクレーン現象をしていると、気になりますよね。 「育児に正解はない」「育児書通りにできるはずがない」とも言われますが、自分の子供の発達の遅さに気になることはよくあります。 あとで振り返ってみたら、笑ってしまうほど気にする必要はなかったという場合もありますが、それは自分がその時にならなければ分からないもの。 1歳半や3歳の検診で同じ月齢の子供たちと比べることで余計に心配になるかもしれません。 逆手バイバイやクレーン現象についても気にしすぎは良くありませんが、私の子供たちで例をお話ししていきます!