フジ「その原因、Xにあり!」おからもちの作り方!豆乳でも糖質オフ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

美味しいものがたくさん並んで太りやすくなる季節になってきました。

年末年始の年またぎ太りを予防!として糖質オフのおからもちが紹介されていたので、番組を見ながら早速作ってみました!

お餅の代わりに使えて、糖質を60%カットしてくれるのは嬉しいですね。

ちょうど使いきれないおからがあったので使えてラッキーでした。

スポンサーリンク

おからもちのレシピ!材料はたったの3つ!

おからもちの材料
おから 100g
牛乳 100cc
片栗粉 大さじ5~6

952-1

 

作り方はとっても簡単。

おからに片栗粉と牛乳を全部入れてしまいます。

952-2

 

全体を混ぜ合わせます。

952-3

 

しっとりしたら切り分けます。

952-4

 

お餅のように丸く成型します。
(関東では切りもちは四角ですけどね)

952-5

 

フライパンに油を入れ両面がきつね色になるまで焼きます。

952-6

 

これでおからもち完成!お雑煮に入れて食べます。

952-7

 

同じ量のお餅に比べて糖質を6割もカットすることができるのだそうです。

952-8

 

出演者の感想は、

952-9「味は最高!」
「もちもちしてる」
「本当の餅に比べて粘り気はないが、食べ応えがある」

と、好評でした。

お雑煮以外にも、いそべ焼きや、きな粉もちとして食べても合うんだそうです。

これは早速作ってみたい!と、実践しました~!

スポンサーリンク

 

豆乳でおからもちを作ってみたら

うちでは乳製品アレルギー対策のため牛乳を飲む習慣がないので、代わりに豆乳を使ってみました。

分量はレシピ通りにおから100g、豆乳100cc、片栗粉大さじ6にしてみたのですが・・・、

いきなり失敗の予感。

 

「全体になじむまで混ぜ合わせる」となっていますが全然まとまりません

原因はおからでした。

テレビでは「おから」としか言っていなかったのですが、家にあったのは「おからパウダー」でした!

おからパウダーを100g入れてしまったので、たった100ccの水分では全然足らず、ぐんぐん吸収してしまって全くまとまらないのです!

 

もう入れてしまったので減らすこともできず、まとまるまで豆乳を足し続けました。

3倍以上は入れたと思います。せっかくテレビのレシピ通り作ろうと思ったのに継ぎ足し続けたのでトータルの豆乳の量は分からなくなってしまいました。

ようやくまとまるようになって、ミニハンバーグくらいの大きさにして丸く成型してごま油で両面を焼きました。

 

豆乳おからもち、無事成功!

そんなわけで予想外の量ができてしまいましたが、何とかできました。20個以上できたかも・・・。

残念ながら両手おからまみれになりながら作ったので写真を撮ることができなかったのですが、食べてみると片栗粉のおかげでもちもち美味しかった!

テレビではお雑煮に入れると言っていましたが、クリスマス前にお雑煮があるわけもないので、醤油につけて海苔を巻いていそべ焼き風にしてみました。

餅ほど重くなく、でも食べ応えがあって大満足!

子供もどんどん食べるので半分は「もうおしまい!」と取り上げるほどでした。

でもやっぱりおからなので、喉が渇きます。お茶を飲みながら食べました。

お雑煮に入れたら水分もあるのでもっと美味しいかもしれませんね。

牛乳の代わりに豆乳を使いましたが、全く豆乳臭さを感じることもありませんでした。

アレルギーがあってもみんなで食べることができるのでとってもおすすめです。

次回はおからパウダーに入れる豆乳の量をはかりながら作ってみようと思います!

 

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る