通称名(通名)は外国人に必要?登録方法や必要書類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は外国籍の人が日本国内で使用する「通称名」について詳しく見ていきたいと思います!

悪いイメージになってしまいますが、テレビのニュース番組なんかで逮捕された人が韓国籍だったりした時に「通名」や「通称名」として日本人のような名前がつけられてることがあります。

犯罪に手を染めるような人の場合は悪用目的で通称名を使用している可能性もありますが、普通に日本で過ごす外国籍の人の場合、通称名で良かったと思う場面も結構あるんです。

逆に言うと、本名では日本で生活がしづらい場面も多々あるので、国際結婚をした夫婦は考えてみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

 

外国人の通称名の登録方法や必要書類は何?

外国籍の人が役所で登録をして通称名を作った場合、ただの「あだ名」ではなく住民票や免許証にも記載されますし、法的な効力も持つようになります。また、通称名で印鑑登録証も作れるようになります。

その場合は通称名のみではなく、本名と一緒に記載されることになります。

二つの名前が一緒に記載されると同一人物であると分かるので、例えばパスポートと照らし合わせる時でも同じ本名が記載されますので分かりやすくなります。(パスポートや在留カードに通称名は記載されません。本名のみです。)

通称名登録

通称名を登録するには

大前提として、日常の社会生活の中で通称名を使用していることが必要です。そのようなことが分かる書類を持っていかなければなりません。

例えば、勤務明細書・給与明細書・在学証明書・学生手帳・社員証など。

手書きの書類や個人の郵便物、キャッシュカード、預金通帳では認められません。

 

 

しかし私は国際結婚でした。日本人の配偶者と同じ名字にしたい場合は上記とは例外になります。

住んでいる役所によって変わってくるので確認が必要ですが、

「婚姻などの身分行為により相手側日本人の氏(通称名を有する外国人の通称名氏)を登録する場合」

は今までの生活で使っていなかったわけですから、新規での申請ができるのです。

 

また私の場合になりますが、結婚のためだからと言っても、手ぶらで役所に行ってみたところ登録ができませんでした。

手書きでも良いから手紙など郵便物で通称名宛で居住する住所に届いてる物が必要

だとその時は言われたので、実家に連絡して母親に登録したい通称名で旦那宛てに挨拶文などを書いたハガキを送ってもらいました。

名字は私と同じで、下の名前は私の両親に名付けてもらいました。

届いたハガキを持って再度役所へ行き、無事に通称名を作ることができました。

スポンサーリンク

 

 

通称名は外国籍の人にとって必要なの?

通称名についてWikipediaによると、

本名ではなく、一つ、もしくは複数の通称名を名乗って生活することには、2016年1月の時点で法律的な制約はない。

通称名で法律行為を有効に行うことは原則としてできない。しかし在日外国人の通名は、居住する区や市町村への登録を条件として、住民票に記載され、法的な効力を持つ。2016年現在の実務上、通名は登記などの公的手続に有効に使用することができ、契約書など民間の法的文書にも使用できる(単なる自称では、詐欺罪や文書偽造罪などに問われる場合がある)。

印鑑登録証明書や運転免許証には、本人の申請により本名に加え、通名の併記が可能である(例:氏名 金 美淑(木村 淑子))。

と記載されています。

あくまでも今回は外国籍の場合について書いていますので、純日本人で名字を変えたいとか、漢字を変えたいという場合とは違うのでご了承ください。(そのような目的の方は他のサイトで確認して下さいね)

外国籍の人にとって必要かそうでないかと言えば、必ずしも必要ではありません

通称名がなくても不便なく過ごしている方もちゃんといます。

 

しかし、うちの場合で言うとあった方が便利でした。

私の旦那は韓国人です。韓国人の場合、本名は同じでもハングル・英語・漢字と3種類も表記方法があります。

そして、日本で暮らす場合は主に漢字での表記が使用されることになります。

この漢字が主に中国で使われている文字なので日本では今は使われていなかったり、読み方が日本と全く違う場合が多く、とにかく何かと不便なのです。

まず漢字が誰にも読めないので、病院でも役所でも身分証を出すたびに読み方を聞かれます。発音が上手でない場合は何度も聞かれます。さらにカタカナで表記を求められます。

だったら最初からカタカナで記載してくれれば良いのにと思うのですが、在留カード(外国人登録証)には漢字と英語表記しかされていないので、いちいち書かなければなりません。

日本語が得意な外国人なら問題ないかもしれませんが、カタカナは苦手な外国人も多いです。なので自分の名前でも忘れてしまうこともあり、毎回書かされるのは地味に面倒です。

また、例えば「キョン」なのか「ギョン」なのかといった濁点の違いも、日本語が堪能でないと毎回言い方によって変わったりもするので、自称「カタカナ読み」みたくなってしまいます。(日本語表記の場合はコレ!と決められていないので)

 

さらに私のように結婚している場合、基本的には外国人との結婚では別姓になるので、余計にややこしくなります。

(韓国ではもともと夫婦別姓なので、私が韓国の名字になることはありません。アメリカなどの他外国では日本と同じく同姓にするのが習慣なので、アメリカ人の旦那さんと結婚した日本人の多くは、婚姻届の他に同姓を名乗るための書類を提出してカタカナの名字にしています)

日本で夫婦別姓はメジャーではないため、私たちが夫婦であるという証明がいちいち必要になりました。

例えば携帯電話を購入した際、家族割を適用させるのに同じ住所が記載されている免許証をそれぞれ出しても認めてもらえず、役所まで婚姻証明書を取りに行かなければなりませんでした。

その時に携帯ショップで言われたのは、同じ名字で同じ住所であれば家族だと認めてもらえるということでした。

そんな面倒なことが日常で何度も起きるので、日本名で名字を一緒にしようと思ったのです。

 

 

まとめ

372-2

このようにして、旦那の名前を通称名にしたことで、もちろん家族だと分かるようになりましたし、子供(日本名)とも父子であると周囲に分かりやすくなりました。

また、読み方や漢字の書き方をいちいち聞かれることもなくなったのでとても楽になりました。

なので、韓国人が通称名を使うのは、国を隠したいわけでもなく、何かやましいことがあるからでもないことを知ってほしいです。

 

漢字表記の無い国の外国籍の人が日本で暮らす場合には、最初からカタカナ表記があるので通称名を作らなくても生活しやすいと思います。

国際結婚をしてパートナーの通称名について考えている方は、管轄の役所に行って住民窓口や外国籍担当の方に話をすれば登録に必要な物を詳しく教えてもらえるので相談してみてください。

今では、銀行口座やクレジットカード等、日本で生活するために必要な物は全て通称名で作りました。

 

唯一不便だったのは、自国(韓国)でクレジットカードを作ったことが無かったので、本名のクレジットカードが無かったことです。

帰国した際にwi-fiや携帯レンタルの利用をした時、パスポートと同じ名前のクレジットカードしか使えなかったので日本の通称名では本人と同じであることを話しても認められず、現金で保証金を払うことになってしまいました。

日本に住んでいる分には間違いなく便利ですが、頻繁に帰国したり海外に出かけることがある場合には、通称名だけでなく本名のクレジットカードと銀行口座も一つは持っていた方が良いでしょう。

 

ちなみに

現在(2017年2月)は在留カードに通称名は入らないので、本名と通称名の両方記載されているものがないと必要になるたびに住民票を取りに行かなくてはなりません。

通称名を作った後は、運転免許証か住民基本台帳カードに両方の名前を入れておくようにするととても便利になりますよ。

 

スポンサーリンク



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る